(演奏時間:1分21秒)

紅 葉
三角をクリックして

演奏を始めて下さい。
  


(演奏時間:1分20秒)

虫 の 声


秋 の 歌
 秋を歌った小学唱歌は案外と少ない。その中で、この2曲は秋そのものを歌った美しい旋律の小学唱歌である。「紅葉」は小学校の唱歌の時間で、「虫の声」母と一緒に歌った記憶がかすかに残っている。

 今でも秋になると京都・奈良へ紅葉の風景を撮影に出かけるが、庭先にすだく虫の声を聞くことは殆どなくなってしまった。かつて秋の夜長に耳を楽しませてくれた虫たちはどこへ行ったのだろうか。

        紅  葉                虫 の 声

       作詞:高野辰之                      作詞:不詳
       作曲:岡野貞一                      作曲:不詳
        (明治44年)                      (明治43年)

    秋の夕日に照る山紅葉               あれ松虫が鳴いている。
       濃いも薄いも数ある中に、             ちんちろ ちんちろ ちんちろりん。
          松をいろどる楓や蔦は         あれ鈴虫も鳴き出した。
             山のふもとの裾模様。         りんりん りんりん りいんりん。

                                 あきの夜長を鳴き通す
    渓(たに)の流れに散りゆく紅葉              ああおもしろい虫の声。
       波にゆられて離れて寄って、
          赤や黄色の色様々に          きりきり きりきり きりぎりす。
             水の上にも織る錦。         がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫。
                             あとから馬おい おいついて
                               ちょんちょん ちょんちょん すぃっちょん。
                                 あきの夜長を鳴き通す
                                 ああおもしろい虫の声。




 作詞者「高野辰之」は明治9年に長野県で生まれた。国文学で教育者としての足跡を残しているが、傍ら、「故郷」「紅葉」「朧月夜」などの日本のこころのふるさとを歌う文部省唱歌の作詞者としても有名。
 昭和22年没。

 作曲者「岡野定一」は明治11年に鳥取県で生まれた。東京音楽学校卒業後、同校で声楽科教授となり、音楽教育の指導者養成に尽力する傍ら、文部省編纂のの尋常小学唱歌の作曲委員となった。「高野辰之」の作詞に作曲した唱歌は名曲の誉れが高い。
 昭和16年没。
                   [ 2009年10月  音源:SC-88VL  編曲:Tad ]