(演奏時間:2分50秒)


故郷を離るる歌  (mp3)

---新作唱歌---

原曲:ドイツ民謡  作詞者:中丸一昌
(大正2年7月)
 この曲は、私の家の近くに住んでいた従姉妹たちが唱っているのを聞き覚えた。私が小学校5-6年生の頃で、今から57-8年前の話である。

 原曲はドイツの民謡で "D'rum Ade, Ade" が原題があることまでは分かっているが、いくら探してもドイツ語の歌詞が見つからない。 だが、日本語の歌詞もこの感傷的なメロディーに相応しい。

                園の小百合、撫子、垣根の千草、
                今日は汝(なれ)を眺むる最終(おわり)の日なり。
                     おもえば涙、膝をひたす、さらば故郷(ふるさと)。
                さらばふるさと、さらばふるさと、故郷さらば。

 この曲を覚えた当時、私には洋々とした前途があった。中学校に入り、やがて旧制富山高等学校の入試に合格して初めて親元を離れるとき、若気の至りで親に大きな経済的負担をかける事も忘れ、意気揚々として、故郷を離れることには何の感傷もなかった。

                つくし摘みし岡辺よ、社(やしろ)の杜(もり)よ、
                小鮒釣りし小川よ、柳の土手よ、
                     別るる我を、憐れと見よ、さらば故郷。
                さらばふるさと、さらばふるさと、故郷さらば。

 大学を卒業し、戦後の経済復興期にがむしゃらに仕事をしてきた。定年退職後、自分が世の中に存在した意義を問い直すようになってから故郷を尋ねてみると、そこには昔私が住み育った故郷はなく、親もすでに世を去っていた。

                此処に立ちて、さらばと、別れを告げん。
                山の蔭の故郷、静かに眠れ。
                     夕日は落ちて、たそがれたり、さらば故郷。
                さらばふるさと、さらばふるさと、故郷さらば。

 先日、53年ぶりに小学校の同級会に出席した。故郷は変容し、級友は年老いていたが、幼かった頃の心情が互いに通いあった事が、せめてもの救いであった。

 50年前にこの歌を歌っていた従姉妹の一人とも再会できた。私と彼女は小学校を通じて同級生であり、ともに今回、戦後初めて同級会に出席したのであった。

                     [ 2000年4月 音源:SC88Pro 編曲:Tad ]



 昨年末、野ばら社から出版されている「日本語と原語で歌う世界の名歌」の中に、この歌のドイツ語歌詞が掲載されているのを本屋で見つけた。私の記憶で D'rum ade と思っていた箇所が実は Nun, ade であったことも分かった。
 又、この曲の原語歌詞について Igarashi さんから色々情報を頂いた。
 
 数十年来の望みが叶い、ここで出版社とIgarashiさんに厚くお礼申し上げる。

                           Der letzte Abend

                   Wenn ich an den letzten Abend gedenk,
                   Als ich Abschied von dir nahm,
                   Wenn ich an den letzten Abend gedenk,
                   Als ich Abschied von dir nahm,
                   Denn die Sonne scheint nicht mehr,
                   Ich muss scheiden von dir,
                   Doch mein Herz bleibt stets bei dir.
                     Nun, ade, ade, ade! Nun,ade,ade,ade!
                     Nun, ade, Schatz, lebe wohl!  (2番略)
                                                [2001年1月記]