(演奏時間:1分20秒)

証城寺の狸囃子
 (mp3)

作詞:野口雨情
作曲:中原晋平

 
 この曲は、作詞は大正13年、作曲は大正14年にそれぞれ発表されたが、小学唱歌ではなく童謡であったので、小学生の頃にこの歌を学校で歌ったことはないと思う。幼稚園で習うにしては歌詞が難しいと思うので、小学生の頃、おそらくラジオかレコードで聞き覚えたのであろう。

               証(しょう) 証 証城寺
               証城寺の庭は
               ツ ツ 月夜だ
               みんな出て 来い 来い 来い
               おいらの友達ア
               ぽんぽこ ぽんの ぽん

                  負けるな 負けるな
                  和尚さんに 負けるな
                  来い 来い 来い
                  来い 来い 来い
                  みんな出て 来い 来い 来い

                     証 証 証城寺
                     証城寺の萩は
                     ツ ツ 月夜に 花盛り
                     おいらは 浮かれて
                     ぽんぽこ ぽんの ぽん

 この歌は調子がよいので、私の子供時代にはよく歌ったものだった。

 敗戦の翌年である昭和21年の、たぶん秋であったと思う。JOCK(名古屋放送局)から殆ど何の予告もなく、このメロディーに乗せて、次の英語の歌詞で歌が流れてきた。

             Come, come, everybody、
             How do you do, and how are you?
             Won't you have some candy, 
             One and two and three, four, five.
             Let's all sing a happy song,
             Sing tra, la la la la .

 この歌は、日本放送協会(現NHK)のアナウンサーである平川唯一氏がラジオで英語会話教室を始めるにあたり、テーマソングとして電波上で流されたのである。最初にこの歌を聴いたとき、私は大いに驚いたが、町を歩いている進駐軍の兵士(もちろんアメリカ兵士である)と話ができるようになると思い、この番組に期待した。そこで本屋へ行き、この番組のテキストを買ったのだが、敗戦の翌年のことでもあり、テキストはまともに製本されておらず、簡単に言えば英語教材を新聞紙に印刷して、後は自分で折りたたんで適当に切りとれと言わんばかりのものであった。このスタイルは1年ほど続いたであろうか。その後のテキストはB6サイズ程度に製本して販売されていたと思う。折に触れて、ラジオを聞きながらそのみすぼらしいテキストで少しばかりは英会話の練習をしたように思う。この放送は確か5年間は続いたと思うが、この番組で覚えた英会話が役に立ったかどうか。

 会社へ勤務して英会話をさらに勉強したが、結局教師にはつかずリンガフォンやテープで独習した。会社からオーストラリアに駐在を予告されたときは、40歳を過ぎていたが年寄りの冷や水で、必要な単語を一生懸命に覚えた。

 その後シドニーに6年間駐在したときに、曲がりなりにも現地社員と共に仕事ができたことを思えば、「証城寺の狸囃子」(英語版)に刺激されて英会話を覚えたことが、多少は役に立ったのであろう。

 今にして考えると、懐かしい歌であり、懐かしい想い出でもある。


                [2013.2月  音源:Roland SC-88VL  編曲:Tad]