(演奏時間:2分25秒)


箱 根 八 里 (mp3)

中学唱歌 明治34年

作詞:鳥居 忱 作曲:瀧 廉太郎



 小学校5年生の頃、ラジオから流れるこの歌が軽快で気に入り、一生懸命に覚えてよく歌ったものだ。だからこの曲は今でもすべての歌詞をそらんじて歌うことができる。何となく軍歌風に聞こえるが、実際には軍歌と全く関係がない。

  
                          第一章   昔の箱根

                       箱根の山は   天下の険
                       函谷関も   物ならず
                       万丈の山   千仞の谷
                       前に聳え   後(しりえ)に支う
                       雲は山をめぐり  霧は谷をとざす
                       昼なお闇らき   杉の並木
                       羊腸の小径は  苔滑らか
                       一夫関に当たるや  万夫も開くなし
                       天下に旅する  剛毅の武士(もののふ)
                       大刀腰に  足駄がけ
                       八里の岩根  踏み鳴らす
                       かくこそありしか  往時の武士

                         第二章  今の箱根

                       箱根の山は   天下の阻
                       蜀の桟道    数ならず
                       万丈の山   千仞の谷
                       前に聳え   後(しりえ)に支う
                       雲は山をめぐり  霧は谷をとざす
                       昼なお闇らき   杉の並木
                       羊腸の小径は  苔滑らか
                       一夫関に当たるや  万夫も開くなし
                       山野に狩する  剛毅の壮士(ますらお)
                       猟銃肩に   草鞋がけ
                       八里の岩根   踏み破る
                       かくこそありけれ  近時の壮士

 



 この曲は「中学唱歌」として東京音楽学校教授の鳥居忱(まこと)が作詞したもので、作曲は一般公募したものらしい。漢文体の詩に、多くの作曲家がへきえきしたところえ、東京音楽学校に在学中であった21歳の瀧廉太郎が応募して当選したものだとか。

 この曲は明治34年に発表された。

                        [ 2002年10月 音源:MU2000  ]