(演奏時間:2分30秒)


埴生の宿 (mp3)

中等唱歌 (明治22年)

作曲:
H.R. ビショップ
作詩:里見 義


 この曲は私の母がいつも口ずさんで歌っていた歌であるから、私が覚えたのは4−5才の時でもあろうか。「はにゅーのやどーもわがーやーどー」と歌詞のの意味もわからずに幼いながらに歌っていたのを、かすかに覚えている。

 「埴(はに)」とは土のことであり、「埴生の宿」とは土間の上で起居するような貧しい住居のことであるのを知ったのは、小学校の高学年になってからであった。

 私が生まれ幼児を過ごした中国青島市にある家は、三年前に訪れたとき、築後80年経過しているにもかかわらず、まだ何所帯もの人が住んでいた。

 小学校、中学校を過ごした岐阜市の家は、すでに跡形もない。


                     埴生(はにゅう)の宿も   我が宿
                     玉の装い    羨やまじ
                     のどかなりや  春の空
                     花はあるじ   鳥は友
                       おお  わが宿よ
                       たのしとも  たのもしや

                     書(ふみ)読む窓も  わが窓
                     瑠璃(るり)の床も   羨やまじ
                     きよらなりや  秋の夜半(よわ)
                     月はあるじ   虫は友
                        おお わが窓よ
                        たのしとも たのもしや


 原詩は「懐かしい我が家」とでも訳すべき英詩で、大変美しい。 だがこの日本語歌詞は、原詩をしのいで美しいと思う。


            Mid pleasures and places though we may roam,
                 Be it ever so humble, there's no place like home.
            A charm from the skies seems to hallow us there,
                 Which, seek through the world, is ne'er met with elsewhere.
            Home! home! sweet, sweet home!
                 Ther's no place like home, there's no place like home.


             宮殿の悦楽の中より 貧しくとも 我が家ほど懐かしい場所はない。
             天から与えられた魅力によって 我が家に引きつけられるのか。
             世界中を探しても どこにも我が家の魅力に勝る場所はない。
             懐かしい 懐かしい我が家よ!
                  我が家ほど 懐かしい場所はどこにもない。  (Tad翻案)

                  [ 2003年8月  音源:SC-88Pro  編曲:Tad ]