(演奏時間:1分05秒)


春が来た (mp3)

文部省 唱歌
作詞:高野辰之  作曲:岡野貞一
 風はまだ冷たい。

  しもやけで耳も指も膨らんだ子供達が、「春が来た」と感ずるのは、少しずつ一日が長くなる、そう、2月終わりのころだ。

  こたつと火鉢しか暖房のない、すきま風の吹き込む家に住んでいた戦前の子供達にとっては、春の到来がどれほど待ち遠しかったか。ほの温かい太陽の光がどれほど嬉しかったか。

                      春が来た 春が来た どこに来た。
                        山に来た  里に来た
                           野にも来た。
 
  川原の土手に出ると、そろそろツクシがそっと顔を出す。田んぼのあぜ道にはヨモギの若葉が目に鮮やかだ。間もなくタンポポの花も開くだろう。庭の紅梅や白梅の花が、そっと香しい春風を送る。菜の花の黄色が目にまぶしい。
  
                      花が咲く 花が咲く どこに咲く。
                         山に咲く  里に咲く
                           野にも咲く。

  梅の枝にほほじろが訪れた。そろそろウグイスが声をきそって鳴き出す。切り株の残るたんぼでは揚げひばりが空高く舞う。 ああ、もう春が来たのだ。
 
                      鳥がなく 鳥がなく どこでなく。
                         山になく  里になく
                           野にもなく。


  貧しく慎ましかった我々の子供時代。夜、居間に灯る10燭の電灯の周りに家族が寄り添って春を語る。田んぼにそっと作られた雲雀の巣。小川に遊ぶメダカ。やがてレンゲの絨毯が原一面に広がるだろう。何をして遊ぼうか。あれもしよう。これもしたい。

                          まだ、春は来ないの?

                          もうすぐ、春が来るよ。

                          とうとう、春が来たよ!


                        [ 2003年2月 音源:SC-88 Pro  編曲:Tad ]