(演奏時間:1分53秒)


春 の 小 川  (mp3)

文部省 唱歌--大正元年12月
作詞:高野辰之  作曲:岡野貞一
 岐阜市加納という地区は、昔、岐阜県稲葉郡加納町と呼ばれた。

 この地には、関ヶ原の戦いに勝った徳川家康が、西国の勢力に備えるために築城した加納城があった。その加納城は明治6年に取り壊された。その時、消えゆく城の面影を残すためであろうか、城の石垣近くの町には、東丸町、西丸町、沓井町、鉄砲町などの名前が与えられた。

 私は小学校から中学校にかけて、その西丸町に住んでいた。加納城址は私のかつての遊び場だった。家から数十メートル離れた場所に、長刀堀という堀があった。この堀は近くで自噴している水が数百メートル先にある川に流れ込むまでの全長が1キロ足らずの堀だが、澄み切った水の中にはメダカ、フナ、どじょうそして天然記念物の「針うお」もいた。この魚は背びれにとげがあり、子供達は「はりんこ」と呼んでいた。
 
 日中は近くの主婦が洗い物に来る。子供達は網を持って魚をとりに来る。夏にはトンボが堀の水面近くを飛び回る。長刀堀は、春夏秋冬、子供達の遊び場であり、主婦達の生活の場であった。
  
 加納は和傘の産地でもあった。この堀沿いには和傘の乾し場があり、色とりどりの和傘が乾し場を飾っていた。折々に変わる和傘の色が目に鮮やかであった。

 それを少し行くとい草の自生地があった。そのい草を刈っては、よく紐を編んだものだ。

                          ・・・   ・・・   ・・・

 戦後50年過ぎてその長刀堀を訪れたところ、堀は埋められて、コンクリートの蓋が僅かにその堀の跡を示すだけであった。和傘の乾し場もい草の自生地も宅地になっていた。


                      春の小川は さらさら流(なが)る。
                      岸のすみれや れんげの花に、
                      においめでたく 色うつくしく、
                      咲けよ咲けよと ささやく如く。

                      春の小川は  さらさら流る。
                      蝦(えび)やめだかや 小鮒の群れに、
                      今日も一日  ひなたに出でて、
                      遊べ遊べと  ささやく如く。

                      春の小川は  さらさら流る。
                      歌の上手よ  いとしき子供、
                      声をそろえて  小川の歌を、
                      歌え歌えと  ささやく如く。


                       [ 2003年3月 音源:SC-88 Pro  編曲:Tad]