(演奏時間:1分25秒)

見渡せば
三角をクリックして

演奏を始めて下さい。
  


(演奏時間:1分38秒)

蝶 々


小学唱歌 色々
明治14年11月発表
 この曲は「蛍の光」と共に、明治維新後、小学唱歌として採用された最も古い曲であろう。我々が小学校時代に、教室においてあった足踏みオルガンで、素朴な音と演奏で歌った曲でもある。木造の教室でペダルを踏みながらオルガンを弾いてくれた先生の面影が偲ばれる。

 「見わたせば」は「結んで開いて」として幼稚園で歌った曲であったが、その作曲者がフランス哲学者のルソーであったとは驚きだ。

 「蝶々」の原曲はスペインの民謡だが、アメリカの唱歌集にも古くから載せられていたとのこと。


             見わたせば           蝶 々

             作詞:柴田清熙              作詞:野村秋足
             作曲:J.J.ルソー              スペイン民謡

           見わたせば、 あおやなぎ、        ちょうちょう ちょうちょう。
           花桜、 こきまぜて、           菜の葉にとまれ。
           みやこには、みちもせに          なのはにあいたら、桜にとまれ。
           春の錦ぞ。                さくらの花の、さかゆる御代(みよ)に、
           さおひめの、 おりなして、        とまれよ あそべ、あそべよ とまれ。
           ふるあめに、 そめにける。


                   [ 2002年9月  音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]