(演奏時間:2分00秒)


故 郷 (ふるさと)(mp3)

文部省唱歌

作詞:高野辰之  作曲:岡野貞一
 (大正3年6月)


 昨年11月、私は久しぶりに岐阜を訪れた。小学校の後半から中学時代にかけて住み育った岐阜は、そしてそこで両親が生まれ没した岐阜は、私にとって大事な故郷である。

 かつて私が住んでいた家の跡を訪ねたが、すでに住む人もなく、廃屋が残っているだけであった。小学校へ脚を伸ばした。元気な小学生の歓声が聞こえたが、木造の校舎は鉄筋校舎に替わっていた。さらに脚を伸ばして、戦争ごっこで駆けまわった加納城跡を訪ねたが、頭を覆うばかりに繁っていた笹藪はなく、こぢんまりとした運動公園に変わっていた。

                        兎追いしかの山、
                        小鮒釣りしかの川、
                        夢は今もめぐりて、
                        忘れがたき故郷(ふるさと)。

 小学校時代に仲のよかった友達を訪ねたが、半年前に亡くなったとのこと。思わず声を失った。ただ、その後に開催された中学の同窓会に出席して、五十年ぶりに二十数人の同級生に会えた。かつての紅顔の美少年はすでに白髪の老人であり、顔を見定めるのに時間がかかった。

                        いかにいます父母、
                        恙(つつが)なきや友がき、
                        雨に風につけても、
                        思いいづる故郷。

 訪ねる故郷のある人、訪ねる父母や友人のある人、是非故郷に帰ろう。歳月は人を待たない。両親を失い、昔を語るべき友が一人・二人と減った今、私はなぜもっとしばしば故郷に帰らなかったかと、悔やまれてならない。

                        こころざしをはたして、
                        いつの日にか帰らん、
                        山は青き故郷。
                        水は清き故郷。

         日常の仕事に追われ、志を果たしたとの満足感もなく、時はむなしく流れる。
         しかし、青い山、清い川を故郷に持つ人は故郷に帰ろう。故郷は君を待っている。

             早く帰らないと故郷は君を待ってくれないかもしれない。

                     [2000年1月 音源SC88Pro 編曲:Tad ]