(演奏時間:1分38秒)

 冬 景 色 (mp3)

文部省唱歌

大正2年5月
 
   私たちの幼い頃、冬は寒く厳しい季節であった。軒から下がるつらら、地道には霜柱、木々を揺り動かす木枯らしなど、暗い冬空を思うと今でも身震いがするほどである。

 だがその辛い冬にも、晴れを予感させる朝まだき、あるいはほの暖かい日中には、一時の冬の楽しさもあった。日だまりの中、子供達はむしろを敷いて外で遊んだ。

 文部省唱歌「冬景色」は、そうした80年ほど前の日本の冬の情景を、ほのぼのと想い出させる名曲である。

                  さ霧(ぎり)消ゆる湊江(みなとえ)の
                       舟に白し、朝の霜。
                  ただ水鳥の声はして
                       いまだ覚めず、岸の家。

                  烏啼きて木に高く、
                       人は畑(はた)に麦を踏む。
                  げに小春日ののどけしや。
                       かえり咲きの花も見ゆ。

                  嵐吹きて雲は落ち、
                       時雨(しぐれ)降りて日は暮れぬ。
                  もし灯火(ともしび)の漏れ来(こ)ずば、
                       それと分かじ、野辺の里。

 なお、この歌の作詞者・作曲者は、当時の文部省の方針で全く発表されていないが、心に残る名曲である。

                  [2000年9月 音源:SC-88 Pro 編曲: Tad ]