(演奏時間:1分59秒)

冬の夜(mp3)

文部省唱歌

明治45年3月
 
 
 私たちの幼い頃は、冬になると手や足の指、あるいは耳に凍傷(しもやけ)ができる のは当たり前であった。冬が厳しいというよりは、室内で暖をとるにはこたつか火鉢、田舎では囲炉裏しかなかったからだ。 大人も子供も、冬には着膨れでころころになっていた。

 明治40年頃は一般家庭には電灯もなく、ラジオは全くなかった。そのころの子供にとって、囲炉裏に手をかざし、ランプの光の下で両親や祖父母から聞く話が、冬の夜長の唯一の楽しみであったに違いない。

 その情景を思い浮かべながらこの曲を聞いていると、何かほのぼのとした心の暖かさを感ずる。

                  燈火(ともしび)ちかく衣(きぬ)縫う母は
                  春の遊びの楽しさ語る。
                    居並ぶ子供は指を折りつつ
                    日数かぞえて喜び勇む。
                       囲炉裏火はとろとろ
                          外は吹雪。

                  囲炉裏のはたに縄なう父は
                  過ぎしいくさの手柄を語る。
                    居並ぶ子供は眠さ忘れて
                    耳を傾けこぶしを握る。
                       囲炉裏火はとろとろ
                          外は吹雪。

 「いくさの手柄」ということで、この曲が戦争を礼賛しているなどと思わないでほしい。これは、貧しかった日本の農村家庭での、ささやかだが幸せな親子の対話風景なのだ。
 
 今のコンピューターゲームや映画の方が、青少年に戦争や暴力・殺人を疑似体験させて、かれらにどれだけ悪い影響を与えていることか。

  なお、この歌の作詞者・作曲者は、当時の文部省の方針で全く発表されていない。

              [ 2000年8月 音源:SC-88 Pro 編曲:Tad ]