(演奏時間:2分30秒)


故郷の廃家  (mp3)

---中等教育唱歌---
作曲:W.S. Hays     作詞:犬童球渓

 この歌も、私の家の近くに住んでいた従姉妹が歌うのを聞いて覚えた曲である。このような軟弱な歌を、太平洋戦争中の中学校が教える筈もない。
  
 この曲を聴くと、空襲で焼け落ちた昔の我が家を想い出す。


                 幾年(いくとせ)ふるさと、来てみれば
                      咲く花、鳴く鳥、そよぐ風、
                 門辺(かどべ)の小川の、ささやきも、
                           なれにし昔に、変わらねど、
                      荒れたる我家に、
                           住む人、絶えてなく。


 私は、祖父と祖母と三人で岐阜の郊外に住んでいた。家の庭に松の木が植えられていた。秋の夜中、ふと眼をさますと、月に照らされた松の影が障子に映っていたことをかすかに覚えている。その障子紙には、蜂が巣を作るために咬んで行った跡が残っていた。


                 昔を語るか、そよぐ風、
                      昔をうつすか、澄める水、
                 朝夕かたみに、手をとりて、
                          遊びし友人、いまいずこ、
                      さびしき故郷や、
                          さびしき我が家や。


 私の住んでいた家は、昭和20年7月、米軍機の焼夷弾空襲で焼け落ちた。年老いた祖父母には家を建て直す力もなく、その土地は人手に渡った。

 昨年11月、40年ぶりに昔の家の跡を尋ねた。そこに建っていた家にはあと継ぎがないとかで、まさに廃屋であった。家の近くにあった小川もうめられて、道路になっていた。

 この歌を最後に習い歌った世代の女学生は、今は何歳ぐらいになられるのであろうか。知りたいものである。

                   [2000年7月 音源:SC-88 Pro 編曲:Tad ]