(演奏時間:1分20秒)


故 郷 の 空  (mp3)

原題:Comin' thro' the Rye (ライ麦畑をやって来た)

スコットランド民謡

 このメロディーは物心がついた頃から、私の記憶にあるような気がする。母の好きなメロディーの一つで、たぶん子守歌代わりに私のために歌ってくれたのではないだろうか。

                  夕空はれてあきかぜふき
                     つきかげ落ちてすずむしなく
                        おもえば遠し故郷のそら
                             ああわが父母(ちちはは)
                                いかにおわす

 岩波文庫から出版されている「日本唱歌集」によれば、この曲は明治21年に唱歌として採用され、大和田建樹(おおわだたけき)が作詞したとのことである。ここでのメロディーは原曲通りとしたので、この歌詞では歌いにくい。唱歌では日本語のリズムに合うようにメロディーが修正されている。なお編曲に当たっては、当地の民族楽器であるバグパイプの雰囲気を出すように努めた。

  ちなみに、戦前の唱歌集には「ふるさと」を題名に持つ曲が他に3曲あり、いずれも戦前の音楽授業を受けた者にとっては忘れがたい名曲である。順次、編曲して紹介したい。

                  [ 1999年11月 音源:SC88Pro 編曲:Tad ]