(演奏時間:1分25秒)

村 祭 り
三角をクリックして

演奏を始めて下さい。
  


(演奏時間:1分38秒)

村の鍛冶屋


村の歌 色々
 幼い頃、神社のお祭りは、祭り太鼓や笛の音や、立ち並ぶ屋台の呼び声、そして集まる人々のざわめきとで、ほんとうに心が躍る行事であった。5銭か10銭の小遣いを握りしめ、何を買おうかと、屋台を順にのぞいて回ったあの楽しみを、今でも忘れることができない。

 我が家の近くに鍛冶屋があった訳ではない。しかし家の周囲は畑や田圃が多く、鍬をふるって畑を耕し、鎌をとって稲を刈るお百姓さんの手にある農具が、行き届いた手入れで太陽に光り輝いていた光景も忘れられない。
 
 これらの歌は、その様な日本の原風景を思い起こさせる名曲でであり懐かしい歌でもあるのだ が、歌詞が文語体であることと日本が農業国でなくなったのか、いつの間にか小学校で歌われなくなってしまった。

                     

        村 祭 り                      村の鍛冶屋

        村の鎮守の神様の                    暫しもやまずに 槌打つ響き
       今日はめでたいお祭り日                飛び散る火の花 走る湯玉
     どんどんひゃらら どんひゃらら              鞴の風さえ 息をもつがず
     どんどんひゃらら どんひゃらら               仕事に精出す 村の鍛冶屋
       朝から聞こえる笛太鼓
                                   あるじは名高き いっこく老爺
       年も豊年満作で                     早起き早寝の 病知らず
       村は総出の大祭り                   鉄より堅しと 誇れる腕に
     どんどんひゃらら どんひゃらら               勝りて堅きは 彼がこころ
     どんどんひゃらら どんひゃらら
       夜るまで賑わう宮ノ森                  刀はうたねど 大鎌小鎌
                                  馬鍬に作鍬 鋤よ鉈よ
       治まる御代に神様の                     平和の打ち物 休まずうちて
       恵み仰ぐや村祭り                   日毎に戦う 懶惰の敵と
     どんどんひゃらら どんひゃらら
     どんどんひゃらら どんひゃらら               かせぐにおいつく 貧乏なくて
       聞いても心が勇み立つ                  名物鍛冶屋は 日々に繁盛
                                  あたりに類なき 仕事のほまれ
                                  槌打つ響きに まして高し


                    [ 2002年11月  音源:MU2000 編曲:Tad ]