(演奏時間:2分25秒)


庭 の 千 草 (mp3)

アイルランド民謡

原題 : The Last Rose of Summer (夏の名残りのバラ)


 この歌をいつ頃から覚えたのかは記憶にない。ごく小さい頃に母が歌っていたのを聞き覚えたのだから、おそらく、私が中国青島市にあったカトリック系幼稚園に通っていた65年も前のことであろうか。

                          庭の千草も虫の音も
                         絶えて淋しくなりにけり
                         ああ白菊 ああ白菊 
                         ひとり遅れて咲きにけり

 戦後まもなくの秋の頃、行水をつかいながら木の葉をわたる夜風に、思わずこの歌を歌ったことを想い出す。この歌を歌う歌手は多くいるが、私が好きなのは、イタリアのソプラノ歌手アメリア・ガリクルチが1929年に録音した針音の多い歌唱と、オーストラリアが生んだ不滅のコロラチュラ歌手「ジョーン・サザランド」の絶唱である。
 
 サザランドは5-6年前に引退したが、第2次世界大戦後、マリア・カラスと相並んでベルカント唱法を復活し、ベッリーニやドニゼッティのオペラを数多く録音しており、それらのレコードは私の宝である。
 だが、日本の音楽評論家はサザランドをあまり高く評価しなかった。その彼女が1960年代に録音した <The Last Rose of Summer> を私はレコードとCDの両方でもっているが、何度聞いてもすばらしいと思う。

                      [ 1999年9月 音源:SC88Pro ]