(演奏時間:0分56秒)

朧 月 夜 (mp3)

文部省 唱歌--大正3年6月

作詞:高野辰之  作曲:岡野貞一
 
 
 昭和30年代までは、一定距離以上の国鉄乗車券を購入すると、乗客の手荷物として20kgまでの荷物を無料で到着駅まで輸送してくれる便利な制度があった。この手荷物輸送制度を「チッキ」と呼んでいた。更に低額の料金で20kgまでの小荷物を手荷物と一緒に輸送してくれた。これら国鉄時代の手・小荷物制度を高齢の方は今でも覚えておられることだろう。

 私は昭和22年3月に岐阜第2中学校から旧制富山高校に入学し、寮に入ることとなった。そのために、布団袋に布団を入れ、身の回りの品々を柳行李に入れて、それらを手・小荷物として富山に送った。

 送り出す駅は高山線長森駅、私の家から歩いて3キロメートルほどの所にあった。自家用車など全くなかった当時のことであったから、近所から借りたでリヤカーで、これらの荷物を長森駅まで歩いて運んだ。

 長森駅の帰りは多分午後4時頃であったと思う。田んぼの中のあぜ道沿いにリヤカーを曳きながら見た初春の暮色を、今でも忘れることができない。

 近くを流れる小川、すぎなやタンポポがその堤防を飾っている。彼方の小山には夕霞みがかかりだしている。集落の建物からは夕餉の準備であろうか、うす青い煙がたなびいている。蛙が啼くにはまだ早く、夕月も出ていなかったが、文部省唱歌「朧月夜」が持つ雰囲気さながらの景色であった。

                    菜の花畠に  入り日薄れ
                      見渡す山の端  霞ふかし。
                    春風そよふく  空を見れば
                      夕月かかりて  におい淡し。

                    里わの火影(ほかげ)も  森の色も
                      田中の小路を  たどる人も
                    蛙(かわず)のなくねも  かねの音も
                      さながら霞める  朧月夜。

 先日、下呂温泉で小学校の同窓会があり、50年ぶりで高山線に乗った。当時の蒸気機関車はディーゼル列車に変わり、長森駅の周辺に住宅が建ち並んでいたが、それでも彼方には昔と同じ小山があり、田んぼもまだ残っていた。
 懐かしい情景であった。

 今、ここに住む人達は、春の暮れがた、「朧月夜」の風情を感じているのだろうか。

               [ 2003年5月 音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]