(演奏時間:2分26秒)


旅 愁 (mp3)

中等教育唱歌集 
(明治40年8月)

原作曲者:Ordway(アメリカ)  作詞者:犬童球渓



 小学校5年から、中学3年に米軍機の空襲で家を焼失するまでの間、私の家の直ぐ近くに高等女学校に通う従姉妹が二人いた。この女学校は、一般の女学校の修学年限が4年であったのに5年間勉強させる、当時としては珍しく勉強に厳しい女学校であった。

 従姉妹たちはよく我が家に遊びに来たし、彼女たちの家にはオルガンがあったから、私もよく弾きに行った。その彼女たちから女学生が歌う合唱曲を覚えたものである。この曲も確かそのようにして覚えた曲の一つであった。

                  更けゆく秋の夜、旅の空の
                   わびしき思いに、ひとりなやむ。
                    恋しやふるさと、なつかし父母、
                     夢路にたどるは、故郷(さと)の家路。
                      更けゆく秋の夜、旅の空の
                       わびしき思いに、ひとりなやむ。

                  窓うつ嵐に、夢も破れ、
                   遙けき彼方に、こころ迷う。
                    恋しやふるさと、なつかし父母。
                     思いに浮かぶは、杜(もり)のこずえ。
                      窓うつ嵐に、夢も破れ、
                       遙けき彼方に、こころ迷う。

 この歌を一緒に歌った彼女たちと、もう50年以上も会っていないが元気だろうか。



 この曲の1番の中間部はパンフルートとアコーディオン伴奏で編曲したが、その雰囲気が再生できているであろうか。

                  [ 2000年3月 音源:SC88Pro 編曲:Tad ]