(演奏時間:2分12秒)

鯉のぼり
三角をクリックして

演奏を始めて下さい。
  


(演奏時間:1分44秒)

背くらべ


端午の節句の歌
 5月5日は男の児にとっては楽しい日であった。春たけなわ、新緑のそよ風の中を泳ぐ鯉のぼりを仰ぎ、ちまきを食べ、新聞紙で作った兜をかぶり、若くして亡くなった兄が柱に私の背丈を鉛筆で書いて、母親にしかられた想い出がある。

 学校で先生になぜ端午の節句に鯉のぼりをあげるのかと尋ねられ、「鯉は100回滝を登ると竜になる、男の子は滝を登る鯉のような希望を持つのだ」と返事をして、誉められたことも想い出す。

 連休もなく、新幹線や飛行機、自動車もなかった、遠い昔の楽しい節句だった。


            鯉のぼり               背比べ

         尋常小学校唱歌  大正2年           作詞:海野 厚 作曲:中山晋平

         甍(いらか)の波と雲の波            柱のきずは  おととしの
          重なる波の中空を                五月五日の  背くらべ
           橘(たちばな)かおる朝風に         粽(ちまき)たべたべ 兄さんが
            高く泳ぐや鯉のぼり             計ってくれた  背のたけ
                                     きのうくらべりゃ  何のこと
         開ける広きその口に               やっと羽織の  紐のたけ
          舟をも呑まん様見えて
           ゆたかに振るう尾ひれには         柱に凭(もた)れりゃ すぐ見える
            物に動ぜぬ姿あり             遠いお山も  背くらべ
                                    雲の上まで  顔だして
        百瀬(ももせ)の滝を登りなば           てんでに背伸び していても
         忽ち竜になりぬべき               雪の帽子を  ぬいでさえ
          我が身に似よや男子(おのこご)と      一(いち)はやっぱり 富士の山
           空に躍るや鯉のぼり

                  [ 2004年5月  音源:SC-88Pro  編曲:Tad ]