(演奏時間:0分45秒)

ウ  ミ



(演奏時間:2分04秒)


  


(演奏時間:2分47秒)

われは海の子
(スタートボタンをクリックしてお聞き下さい。)



私の誕生日は7月20日、中国青島市の青島病院で生まれた。母の話によれば随分と暑い日であったそうだ。何時の頃からか、7月20日は海の記念日となり、最近では国民祝祭日となった。

 私たちの幼い頃、日本は海洋国であると教わり、小学校では海の歌をよく歌った。両親のあとを継いで、私自身も海外に雄飛することが夢であった。
 
 だが、日本が海洋国であることを意識することは少なくなったような気がする。日本が豊になったからであろうか。世界が狭くなったからであろうか。



         ウ   ミ                       

          唱和16年                      大正2年5月

        ウミハ  ヒロイナ、               松原遠く消ゆるところ
          大キイナ、                   白帆の影は浮かぶ。
        月ガ   ノボルシ、                  干網浜に高くして
          日ガ  シズム。                  鴎は低く波に飛ぶ。
                                     見よ昼の海
        ウミハ  大ナミ、                       見よ昼の海。
          アオイ  ナミ、
        ユレテ  ドコマデ、               島山闇に著(しる)きあたり、
          ツヅクヤラ。                  漁り火光り淡し。
                                      寄る波岸に緩くして、
       ウミニ  オフネヲ                     浦風軽ろくいさご吹く、
         ウカバシテ、                        見よ夜の海
       イッテ  ミタイナ、                        見よ夜の海。
         ヨソノクニ。


                       われは海の子

                        明治43年7月
 
       一,我は海の子白浪の          二,生まれてしおに浴(ゆあ)みして
             さわぐいそべの松原に          浪を子守の歌と聞き
          煙たなびくとまやこそ            千里寄せくる海の気を
             わがなつかしき住家なれ        吸いてわらべとなりにけり 


       三,高く鼻つくいその香に         四,丈余のろかい操りて
             不断の花のかおりあり          行く手定めぬ浪まくら
          なぎさの松に吹く風を           百尋千尋海の底
             いみじき楽と我は聞く           遊びなれたる庭広し


                   [ 2003年6月  音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]