(演奏時間:2分40秒)

ケルビーニのアリア (mp3)
オペラ「フィガロの結婚」より

W.A. モーッアルト


 私はモーッアルトの曲が大好きであるが、彼のオペラを聴けるようになったのは昭和35年(1960)から後であった。それというのもこの頃に録音技術やレコード材質が向上して録音時間の長いLPレコードが出現し、これによって初めてオペラ全曲の録音が可能となったのだ。それ以前には、オペラのアリアはどちらかというと独唱曲として3分ほどのSPレコードでしか聞くことができなかった。
 
 モーッアルトは古典派の音楽家である。彼のメロディーは、当然、古典派のスタイルである。現代の我々がこの旋律を聴くと、何とはなしに優雅な雰囲気に包まれ、心地が良い。この「ケルビーニのアリア」は通常イタリア語の歌詞で歌われるので、よほどのオペラ好きでない限り、このアリアの意味を知っておられる方はいないであろう。

 このオペラはドイツ語で歌われることもあり、私は「ケルビーニのアリア」の独逸語歌詞を入手して日本語に翻訳してみて驚いた。これはメロディーからはとても想像できない、なかなかに激情的なアリアなのである。元歌詞の意味を知らなければ、作曲者の意図は理解できないことを思い知らされた。


   Ihr, die ihr Triebe des Herzens kennt,        あなた、心の動きを ご存じのあなた、
   Sprecht, ist es Liebe, was hier so brennt?      聞かせて、心が痛むのは、愛なのだろうか。
   Sprecht, ist es Liebe, was hier so brennt?      聞かせて、心が痛むのは、愛なのだろうか。

   Ich will's euch sagen, was in mir wühlt,       あなたに語ろう、私の中の かきむしる思いを、
   Euch will ich's klagen, euch, die ihr fùhlt.      あなたに告げよう、私が感じることを あなたに。
   Sonst, war's im Herzen mir leicht frei,        いつもなら 私の心は 軽やかで自由だが、
   Es waren Schmerzen und Angst mir neu.      今の私には それは新しい 苦痛と不安。

   Jetzt fährt wie Blitze bald Pein, bald Lust,      稲妻のように 時には苦痛が、時には快楽が、
   Bald Frost, bald Hitze durch meine Brust.      時には寒さが、時には暑さが、体中を駆け巡る。
   Ein heimlich Sehnen zieht, wo ich bin,       ひそやかな憧れが 私を 彼方の美しきものへと、
   Zu fernen Schönen mich traulich hin;        今の私を 心地よく 引き寄せる。

   Dann wird von Leiden und innern Harm,      時には  苦痛と 内なる悲嘆から、
   Und dann vor Freuden meine Busen warm;     時には喜びを前に わが胸は 熱くなる。
   Es winkt und folgt mir nun überall,          至る所でそれは 私を追い 待ち受ける、
   Und doch behagt mir die süsse Qual.        だが この甘い苦しみを 私は好きなのだ。

   Ihr, die ihr Triebe des Herzens kennt,       あなた、心の動きを ご存じのあなた、
   Sprecht, ist es Liebe, was hier so brennt?     聞かせて、心が痛むのは、愛なのだろうか。
   Sprecht, ist es Liebe, was hier so brennt?     聞かせて、心が痛むのは、愛なのだろうか。
                                            【 翻訳:Tad 】

 ところで、オペラは歌で語られる演劇であるのだから、イタリア語で上演される「フィガロの結婚」はイタリア語の歌詞(せりふ)を理解した上でオペラ歌手の役者としての所作と舞台演出を舞台上で見ない限り、その作品を本当に鑑賞できたことにならないのであろう。
 しかし、CDでオペラを聴いているとどうしても対訳台本の文字を見ながら旋律を追いかけるに止まり、舞台上のオペラ歌手の所作や演出が見えないのでオペラ全体を鑑賞したような気分になれなかった。

 最近になり、日本語字幕入りのオペラDVDが手ごろな価格で発売されるようになって、私はどうやらオペラを演劇としても楽しめるようになった。
 今ではぼつぼつとオペラのDVDを購入して、それらのオペラを耳と目の両方から楽しんでいる。


                  [2013.4月  音源:Roland SC-88VL]  
                           
 。