(演奏時間:5分00秒)

メヌエット  (mp3)

”ディベルティメント No.17” より

W.A. モーツァルト


 昭和30年代から40年代にかけては、今より遙かにラジオの放送内容は充実しており、リスナーも多かったように思う。その頃NHKでは、第1放送やFM放送でクラシック曲をよく流していた。そんな当時、何となく聞き覚えた言葉に「嬉遊曲」という言葉があった。あるいはまた「小夜曲」という言葉もあった。(余談だが、これらの言葉はATOKの単語辞書では変換できない。これらの言葉はもはや死語なのであろうか。)
 その頃、NHK・FMでは、次のようなアナウンスでクラシック音楽放送がよく始まったものである。
 
  只今から室内楽をお送り致します。最初の曲はモーツアルト作曲の
嬉遊曲第17番で、つぎに同じくモーツァルトの
  小夜曲第13番を続けてお送り致します。

 この文章を読んでメロディーを思い出せる人は、高齢で且つ、よほどのモーツァルト好きに違いないと思う。今では、室内楽という言葉も殆ど用いられず、なおかつ、モーツァルトの嬉遊曲や小夜曲は、1曲の例外を除いて、テレビで放送されることがほぼないからである。

 その頃のある日のこと、何となくラジオを聞き流していた私は、大変美しいメロディーに耳をとめた。辛うじて聞き取った曲名は「モーツァルトの嬉遊曲」で、番号や作品番号を聞き漏らしてしまったのだ。そこで調べたところ、「嬉遊曲」とは「ディベルティメント」、「小夜曲」とは「セレナーデ」のことであるとわかり、早速レコード屋へ出向いて「モーツァルトの嬉遊曲」を探したのだが、作品番号が判らないのでは問題のレコードにたどり着けるはずもなく、しかも嬉遊曲のレコードはきわめて少なかったこともあって、このメロディーは謎のまま、次第に私の記憶から薄れてしまった。

 その後、私はオーストラリア・シドニーへ赴任した。当時オーストラリアはヨーロッパ文化圏に属しており、音楽的にはヨーロッパ志向が強かった。
 ネリー・メルバ、イヴォンヌ・ミントン、ジョーン・サザランド等の高名な女性オペラ歌手はいずれも最初にオーストラリアで音楽を学び、後イギリスで一層研鑽を積んで、それぞれにオペラ界で名声は馳せた。オペラ指揮者であるリチャード・ボニングも同じ足取りを歩んでいる。
 オーストラリアでは、一部の例外を除いて、レコードがオーストラリア国内でプレスされることはなかった。その代わりに、世界中のレコードが、メジャーレーベル・マイナーレーベルを問わず、レコード店に並んでいた。オーストラリア駐在期間中、私は約1000枚のレコードを購入した。この間にモーツァルトのセレナーデ(ノットゥルナを含め)の13曲を全て集めたときは大変に嬉しかったのだが、そのときでもディベルティメントだけはなかなか集まらなかった。

 ところがある日のこと
    Mozart : Divertimenti  ー A Complete Survey of the Occasional Music in 3Volumes (VOX Record)
という、ややみすぼらしいアメリカ・マイナーレーベルのアルバムを見つけた。飛び上がらんばかりの嬉しさでこのディベルティメント全集を購入し、家に帰って聞き始めた。全部で9枚のレコードを一日で聴くという訳には行かず、ぼつぼつ聴いている内に第17番第3楽章メヌエットが始まったところで、何と、待ち侘びていたあの「嬉遊曲」の旋律が始まったではないか。
 モーツアルトの幾つもあるメヌエットはそれぞれに美しく、どれもが私のお気に入りであるが、中でもこの「嬉遊曲第17番第3楽章メヌエット」は、一度聴いてから再びこの旋律にたどり着くのに赤道を跨いで南半球まで、しかも10数年を要したことで、私にとっては殊の外思い入れの深い曲なのである。

 ところで「Occasional Music 」とは一体どんな音楽であるのか。1−2の音楽辞書を開いてみたが、どれもその定義に触れていない。インターネットで検索しても答えは出てこない。
 ところが、あるCDの解説に「ザルツブルグで仕事をしている間に、モーツァルトは種々の行事のための ”娯楽音楽” をかなり沢山作っている。たとえば晩餐会、園遊会、宮廷行事、貴族の結婚式、大学の修了式の音楽まで作っている。」と解説している。もし「Occasional」がこれらの特別な行事を指すのだとすれば、「Occasional Music」は「行事音楽」「催事音楽」あるいは「式典音楽」とでも訳すのか。
 事実、上記の3巻のアルバムには、行事で演奏されたと思われるディベルティメント以外は掲載されていない。又、「クラシック音楽作品名辞典:三省堂」では ”ディベルティメント K136, 137, 138” 及び ”ディベルティメント K.563” は、「ディベルトメント」ではなく「室内楽曲」に分類されているのだ。
 そのような次第で、私は「Occasional Music」を自分なりに「行事音楽」と思っているのだが、この言葉にはいささか重みがないのが残念だ。

 それにしても、モーツァルトの音楽は美しい。いつ聴いても心が癒やされる。アインシュタインが死に際して「もう好きなモーツァルトが聴けなくなるのか」と嘆いたそうだが、私自身はそのような嘆きを言わなくてもすむように、モーツァルトの「ディベルティメント」や「セレナーデ」を、これからもせっせと聴き貯めすることとしよう。

                 [ 2014.4月  音源:Roland SC-88VL]