(演奏時間:1分40秒)

ガ ボ ッ ト (mp3)
(フランス組曲) BWV816-4

作曲
ヨハン・セバスチャン・バッハ
 バッハの曲には、いつどのような機会に聞き覚えたのか判らず名前も知らない美しい旋律がいくつもある。この曲もそのような旋律の一つで、あるピアノ曲集で曲名を知った次第。お恥ずかしい話である。

 バッハは1685年に楽師の子として生まれて父や兄から音楽を学んだ。その後教会のオルガン奏者となりその生涯のほとんどを教会音楽家として過ごし、多数のカンタータやオラトリオ、オルガン作品などの作品を残した。

 バロック時代の音楽の特長は、それ以前のルネッサンス時代の「ポリフォニー音楽」に対して、速度(強弱)や音色などに対比があり、劇的な感情の表出を特徴とした音楽なのだそうだが、ことバッハの音楽に関する限り、私の耳には荘重でしかも形式的に厳格な曲として響く曲が多く、とても劇的な感情を表出した音楽とは聴き取れない。

 だがはっとするような美しいメロディーが、時としてバッハの楽譜から流れてくることがある。その美しさは、心を揺さぶるのではなく、心に染みいる美しさとでも言おうか。だからこそ、何気なく聴いたバッハのメロディーが、曲名も知らぬままに脳裏から消えないのであろう。

 このガボットも、私にとって忘れ得ぬバッハのメロディーの一つなのである。

                      [ 2004年12月 音源:SC-88 VL]