(演奏時間:1分53秒)


メヌエット ト長調 (mp3)
「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」より

作曲
ヨハン・セバスチャン・バッハ
 
 昭和25年から昭和28年にかけて、私は大阪府大東市鴻池新田にあった大学の寮で生活していた。当時この寮の周囲は田圃やため池が多く、夏には食用蛙の牛のような鳴き声がやかましく聞こえ、寮の窓からは生駒山が間近に眺められるという、大変にひなびた環境の中にあった。夏には蚊帳をつって寝たものである。

 寮の直ぐ近くに公務員官舎があって、そこの子供達が寮の前に来てはよく遊んでいた。その中の3人兄弟となぜか私は仲良くなり、やがて彼らのお宅にお邪魔して食事をご馳走になるような仲となった。
 その兄弟の長男が確か5年生の頃、バイオリンの練習を始めた。先生について練習をしてくると、今度は私に聞いてくれと寮のわが部屋へやってくる。彼はあるメロディが好きでそればかり聞かされたものだから、いつの間にかそのメロディを覚えてしまったが実は曲名を知らなかった。

 その後、ある機会にこの曲名が分かったが、それがバッハの「アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳」の中の、この「メヌエット ト長調」なのである。この曲を聞くと、今でも50年以上前の大学寮での生活や、その少年のバイオリン練習の姿が想い出されるが、その少年もはや60歳を過ぎ、会社勤務であれば既に定年を迎えていることだろう。

 その少年の姓は「工藤」君、名は申し訳ないが失念してしまった。元気で暮らしているだろうか。


 
「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳」とはヨハン・セバスチャン・.バッハが2度目の妻のアンナ・マグダレーナに送った音楽帳の事とか。二人が結婚した翌年の1722年に、バッハが16歳年下の新妻に贈った「音楽帳」で、バッハ自身の曲は2曲だけ、後はアンナ・マグダレーナや子供達が、他の作曲家の作品を含めて、15年の間に器楽曲や声楽曲などを少しずつ書き込んでいったものだそうである。従って演奏会でこれらの曲が演奏されることは殆どなく、もっぱら鍵盤楽器の教材や研究資料として利用されるだけのようだ。
 私の手元には、エラート版CDで「アンナ・マグダレーナのためのクラビア小品集」20曲がある。

                       [ 2005年3月 音源:SC88VL]