(演奏時間:2分02秒)

 G線上のアリア (mp3)

作曲:ヨハン・セバスチャン・バッハ
 
 昭和20年前半の高等学校生時代には、楽器も楽譜も余り手に入らなかった。楽器店の店頭で、戦前に印刷された中古の楽譜を購入した記憶がある。それらの中に、多分この曲も含まれていたのであろうか。このメロディは古くから記憶にあり、部の色々な楽器でよく演奏した。

 音楽部の部室は講堂の二階の一隅の狭い部屋にあった。部室には楽器棚と電蓄それにレコード棚があり、定期練習以外の日には部員が集まっては各自好きずきに講堂内のあちこちで練習し、レコードを聴き、駄弁ったものだった。当時は現在と違って、部員に演奏法を指導する教師は全くいなかった。我々は楽器ごとの教則本を購入し、先輩に教えを請い、後は教則本での独学自習だけであった。

 富山の冬は寒かったが、敗戦直後のことでもあり部室に暖房はなかった。練習以外の時間にはマントを着たまま寒さを凌いだ。それでも部室での談話や合奏の練習は楽しい想い出として今も記憶に生々しい。

 この曲はウィルヘルミによるバイオリンとピアノ伴奏曲を、イングリッシュ・ホルンと弦楽器による四重奏曲に編曲した。

                  [ 1999年8月 音源:SC88VL ]