(演奏時間:3分33秒)

主よ、人の望みの喜びよ (mp3)
(カンタータ第147番より)

作曲:ヨハン・セバスチャン・バッハ
  
この曲は、ある人のお薦めで掲載することとした曲である。

 バッハという名前を前にして、私はふとバッハの曲をどの程度知っているかと考え込んでしまった。私がレコードやCDで持っている彼の曲は、ブランデンブルグ協奏曲、組曲、ハープシコード協奏曲、バイオリン協奏曲およびゴールドベルグ変奏曲などである。だが多作家であった彼の音楽の大部分はオルガンや声楽を中心とする宗教音楽なのだが、私はそれらをほとんど知らない。

 今回お薦めをいただいた曲のメロディは知っていたが、曲名は知らなかった。この曲を入力していると、だんだんよバッハの宗教音楽を聴きたくなってきた。今度大阪へでたら、バッハのCDを買うこととしよう。



 この曲の原曲は、バッハのカンタータ第147番の最終楽章を、マイラ・ヘスというピアニストが自分のアンコール用に編曲したものであるという。そのピアノ編曲のまま、ハープシコードの音で入力した。

                        [ 2001年11月 音源:SC88VL ]