(演奏時間:2分54秒)

水上の音楽 (mp3)

交響組曲 第1番

作曲ゲオルグ F. ヘンデル
 
  この曲を初めて聞いたのは、確か昭和30年頃と思う。ティンパニの強打で始まり、ホルンがリズムを刻みながら進行する、明るいメロディーの野外音楽にひかれてラジオから流れる演奏に聴き入った記憶が微かにある。
 
 現代版「水上の音楽」の最後の6曲目では、再びホルンが弦楽器と競いながら明るく朗々としたメロディを展開するのだが、その曲を聞くと気分が昂揚してくるようなすばらしい祝典的メロディである。

 この曲がヘンデルの「水上の音楽」であることをすぐ覚えたが、誰の指揮による演奏なのか、その時は全く無頓着であった。

 最近ある資料に目を通していたら、昭和29年(1954)にNHK交響楽団がイギリスから「マルコム・サージェント」を招待して、客演指揮を委嘱したと記載されていた。

 サージェントは、第2次世界大戦後、英国におけるヘンデル音楽指揮者として第一人者であった。彼が日本でどの曲を演奏したのかは不明であるが、推測するところ、彼がこの有名な野外音楽を指揮し、それをNHKがラジオで放送したのであろうか。きっとそれを私が聴いて感激したのであろう。

  昔のラジオは、ある意味でクラシック音楽の宝庫であった。



 ヘンデルが作曲したこの「水上の音楽」の完全な原譜は残っていないのだそうで、現在我々がよく耳にするのは英国の「ハミルトン・ハーティー」が現代の管弦楽演奏用に編曲した6曲だそうである。

 この「水上の音楽」にはあるエピソードが残されている。

 ヘンデルはドイツのある王の宮廷指揮者であったのだが、イギリスで作曲・指揮をしている間に名声が高まり、王との約束期限を過ぎてもドイツにもどらなかったので、その王の不興をかってしまった。

 やがてその王がジョージ一世としてイギリスの王位を継承したため、ヘンデルの立場は微妙なことになる。

 そこでヘンデルはジョージ一世のご機嫌を取り結ぶため、宮廷の水上園遊会が開催された機会に、船上管弦楽団を指揮して「水上の音楽」を演奏した。ジョージ一世はこの曲を大変気に入られ、かくしてヘンデルはジョージ一世のご機嫌伺いに成功したというのだ。

 ただしこのエピソードは事実と異なるそうだが、この曲が水上音楽会で演奏されたのは事実だとのことである。いずれにしても、この曲は華やかで明るく、ドラマティックな一面を持っており、エピソードが誤って語り伝えられたのも何となく分かるような気がする。

                       [ 2005年4月 音源:SC88 PRO]