(演奏時間:2分14秒)

オンブラ・マイフ (mp3)

作曲ゲオルグ F. ヘンデル
 
 私が旧制高校の寮にいたころは、市内へ出て映画を見る以外には、全く娯楽はなかった。寮生は全員で200人余り、ラジオを持っていた者は多分5人といなかったと思う。もちろん、ラジオでは民間放送などなかった。新聞を定期的に個人で購読する者はほとんどいなかった。日常の楽しみは、映画、読書、あとは談笑し歌を歌うか、たまには市内の喫茶店でレコードを聴くくらいの事であった。

 
寮の隣室に小林潤二という先輩がいた。この先輩は楽譜を見てシューベルトの「冬の旅」全曲を覚えたほどの音楽好きであった。ある日、この先輩が私を呼んで、この曲を覚えたまえと言って紹介されたのが、ヘンデルの「オンブラ・マイフ」(ラールゴともいう)である。小林先輩に手ほどきされて憶えた「オンブラ・マイフ」は、私のクラリネット演奏のレパートリーの一つとなったが、高校卒業後はほとんど演奏する事はなかった。

 卒業後再会することもなく先年他界された小林先輩に、この編曲を聴いて欲しかった。



  ヘンデルは、バッハと並ぶバロック期の大作曲家である。作曲は広範囲にわたり、作曲数も多いが、よく聞かれるのは組曲「水上の音楽」とこの「オン・ブラ・マイフ」だけであろう。コンチェルト・グロッソやオラトリオ「メサイア」を聴く人はよほどの音楽好きである。

                        [ 1998年11月 音源:SC−88Pro ]