(演奏時間:1分12秒)

愉快な鍛冶屋 (mp3)

作曲ゲオルグ F. ヘンデル
 
 この曲は私が初めて聴いたハープシコード曲である。
 
 昭和21年、私が中学4年生の頃、同じ中学の先輩からお借りしたビクターの「家庭音楽名盤集」の中に、ランドルフスカが演奏したこの曲があった。この名盤集は昭和11年に発売されたもので、今で言うところのSPレコードである。

 そのレコードを竹針を使いポータブル蓄音機で聴いたのであるから、音質は良くなかったと思う。だが当時の私にとってこのハープシコードの音が新鮮で、何度も繰りかえして聴いたものであった。

 ちなみに、SPレコードは通常鉄針で聴いたものであったが、戦争中から鉄製品が不足し鉄針の代用品として竹針が一般に使われるようになった。竹針は一曲聴くごとに擦り減った刃先を鋭くするために専用のはさみで切っては次のレコードをかけるのである。

 人によっては竹針の方が鉄針よりもレコードを痛めないとか、音が柔らかくきこえるとか言って、戦後もしばらくは竹針が使われていたようだ。

 鉄針や竹針は、LPレコードが出現するに及んで、サファイヤなどの針に駆逐され、今日では全く影を潜めてしまった。

                       [ 2002年11月 音源:SC88 Pro  ]