(演奏時間:4分05秒)

水上の音楽 (mp3)

交響組曲 第6番

作曲ゲオルグ F. ヘンデル
 
  この曲を初めて聴いたのは昭和30年頃であった。ホルンとトランペットが朗々と鳴り響くこの曲を聴いて感激した事から考えて、マルコム・サージェントの指揮による「ハーティー版の水上の音楽」の演奏であったのだろう。中でもハーティーによる編曲の交響組曲第6番は私の最も好きな曲である。

 この程ハーティー版の水上の音楽のオーケストラ・スコアを入手できたので、私の好きな第6番をハープシコード演奏によって編曲してみた。

 原曲の第1部は、ホルンとトランペットが交互に競う華麗な演奏である。ヘンデルはテムズ川の船上にオーケストラを率いて、ジョージ一世の前でさぞや得意然としてこの曲を披露したことであろう。ハーティの編曲はこの第6番の壮大さと華麗さを、余すところなく表現している。

 この曲の中間部では、第1部の華麗さとは打って変わって、叙情的な旋律が流れ出す。演奏も弦楽合奏が主体となり、そこにフルートととクラリネットが加わって流麗な対旋律を演奏する。この部の後半に至るとホルンとトランペットが参加して、次第に力強さが回復してくる。
 そして第3部では第1部の演奏が華々しくまた力強く繰り返され、全体を締めくくるのだ。

 ああ,私に萬金があれば、琵琶湖に船を浮かべオーケストラを乗せて、海津大崎の桜を愛でながら、水上の音楽全曲を聴きたいものだと、つい春日の妄想に耽ってしまう。
  
                    
 [ 2009年 4月 音源SC-88 VL 編曲:Tad ]