(演奏時間:2分37秒)

弦楽四重奏曲 -- 「皇帝」より  (mp3)

第2楽章 --- 主題と第4変奏

作曲:ジョセフ・ハイドン

 私の畏敬するクラシック作曲者の中でも、ハイドンは特別の地位を占めている。それと言うのも、ハイドンは古典派音楽の形成に当たって最も重要な役割を占め、管弦楽、弦楽四重奏曲、ピアノ三重奏曲などのソナタ形式の事実上の創始者であるからだ。

 しかも猛烈な多作者で、交響曲を104曲、弦楽四重奏曲を82曲、ピアノ三重奏曲を45曲作ったばかりか、その他あらゆる形式の音楽を数多く作曲しており、モーツアルトも作曲数においては遙かにハイドンに及ばない。
 私は、ハイドンの交響曲、弦楽四重奏曲、ピアノ三重奏曲のすべてをレコードで持っているが、一体何時になれば全曲を聴き終えることか。

 ところでこの弦楽四重奏曲《皇帝》の第2楽章の主題曲を、私は小学校に2−3年頃から耳にしていた。

 私は中国山東省青島で生まれ、小学校5年までそこで育った。当時の青島はかつてのドイツ植民地時代の都市計画の影響を色濃く残し、緑の山を背景に赤い煉瓦のドイツ風建物が立ち並び、さながら絵のような美しさだった。
 紺碧の海と砂浜は中国には珍しく、夏には絶好の海水浴場となって内外の観光客を迎えたものであった。

 1930-40年代、青島にはドイツ人がまだ多く住んでいた。何かの記念日であったろうか、ドイツ大使館からドイツ国歌やナチス党歌が流され、それらの旋律を私は今でも記憶している。

 そのドイツ国歌が実はハイドンの弦楽四重奏曲《皇帝》第2楽章の主題であることを知ったのは、戦後10年ほど過ぎた昭和30年代ではなかったかと思う。

 オーストリアの作曲家であるハイドンの旋律がなぜドイツ国歌になったのか、理由は知らない。今でもドイツ国歌はこの旋律で歌われている。
                      [ 2002年1月 音源:SC-88Pro ]