(演奏時間:6分13秒)

弦楽四重奏曲 -- 「ひばり」より  (mp3)

第1楽章

作曲:ジョセフ・ハイドン

 私の高等学校時代の先輩である故林昌一氏は、猛烈なクラシック音楽の愛好者で、常にSPレコードを小脇に抱え、自宅に私を招じてはレコードを聴かせていただいた。昭和20年代の初めのことである。

 先輩はまず私にコルトーの演奏によるショパンのワルツを聴かせてくれた。ベートーベンの田園交響楽も初心者向きだからということで何度も聴かされた。

 更に先輩は、クラシック曲の精髄は弦楽四重奏曲にあると、ベートーベンの弦楽四重奏やモーツアルトの弦楽四重奏をよく聴かせてくれた。モーツアルトの「狩り」や「不協和音」を覚えたのも、この頃であったが、当時、私は弦楽四重奏をよく理解していたとはいえなかった。

 昭和30年代に入り、ようやく我が家も電蓄(電気蓄音機のこと:当時はまだアンプとは言わなかった)を買えるようになり、同時に購入した数枚のLP( SPがLPに切り替わったのもこの頃だ)の中に、ハイドンの弦楽四重奏(ひばり)があった。

 田園j交響楽を初めてLPで聴いたときは感激した。針音雑音の少ないハイファイ音質(ハイファイはすでに死語であろう)のステレオがスピーカーから流れてきたとき、それまでのSPレコードの音質と余りに差があることに驚かされた。

 しかし、「ひばり」を初めて聴いたとき、私はソファーから滑り落ちるほどのショックを受けた。オーケストラ演奏とは異なり、弦楽四重奏は楽器が僅かに4個であるから、LPレコードの演奏ではそれぞれの音が見事に分離されて立体的に聞こえ、奏者の息づかいまでもが聞こえた。4人の奏者がまるで私のために私の目の前で演奏してくれているような錯覚にとらわれたのだ。

 その後オーストラリアに6年間仕事で滞在していた間に、いわゆる外盤(日本以外でプレスされたレコードのこと)で弦楽四重奏曲を買い集めている間に、私の弦楽四重奏レコードは次第にふくれあがった。
 私は次の作曲者の弦楽四重奏の全曲をすべて所蔵している。

          ハイドン、 モーツァルト、 ケルビーニ、 ベートーベン、 シューベルト、
               メンデルスゾーン、ブラームス、 チャイコフスキー

 そのほか、全曲ではないまでも多くの作曲家の弦楽四重奏曲がレコードラックに納まっている。このようにして、私が弦楽四重奏マニアになったのは、ハイドンの「ひばり」を聴いたときの感激によるもの で、「ハイドンさん」には心からのお礼を申し上げるべきであろう。

 しかし我が家では、レコードの重みで部屋の床が下がったと、レコードの所蔵は真に不評なのである。だから、現在は少しずつレコードをCDに再録音している。我が家のコンピュータは、目下のところ、録音機としての機能で活躍してくれている。

 ただ、何時になったら全レコードのCD化が完成する事やら。
                   [ 2006年7月 音源 :Roland  SC-88 VL ]