(演奏時間:7分20秒)

セレナーデ  (mp3)

弦楽四重奏 No.17 Op.3-5 第2楽章

作曲:ジョセフ・ハイドン

この曲は、おそらく昭和16ー18年代、私が小学校5−6年の頃に名古屋放送局の放送で聞き覚えたのだと思う。耳にやさしい旋律であるから、誰の曲と言うことを知らないまま、口ずさんでいた懐かしい曲である。

 中学校に入ってこの作曲者がヨセフ・ハイドンであることを知ったが、それだけのことであった。ハイドンの偉大さを知ったのは、旧制富山高等学校の音楽部に参加してからのことであった。

 音楽部の部室には電蓄とレコードがあり、その中にハイドンの交響曲が幾つかあったように思う。「軍隊」「時計」「驚愕」などの曲を知ったのはこのころであった。あの電蓄やレコードを音楽部に寄付して頂いたのは、一体誰だったのであろうか。



 この曲の作曲者はハイドンではなく「ロマヌス・ホフステッター」であるとの説が一般に知られている。ところが、ハイドン弦楽四重奏の全曲集(アーゴ・レーベル)の説明資料によると、この曲がホフステッターの作曲であるというのは全て状況証拠であって、ホフステッターが書いたとする手書き楽譜は未だに発見されていないのだそうだ。「イグナズ・プレイエル」が最初に発行したこの曲の楽譜にはハイドンの指紋が幾つも付けられている。このプレイエル版の楽譜に対して、ハイドンが承認したとする2通の手紙も存在するとのこと。従ってハイドン自身が作曲者であるとの見方もあるのだそうだ。
 しかし、ハイドンは初期の自作弦楽四重奏曲のカタログを作成・記録しているのだが、彼のカタログにはこの作品3番について何も記録がないとのこと。
 スコットランドにあるアバディーン大学の「レジナルド・バレットエアー博士」は色々検討したが、この曲の作曲者が誰かは結局は謎だと述べている。

             ”After due consideration, I find the case something of an enigma."

 だが、作曲者が誰であろうとも、この曲は私の好きな曲であることには変わりはない。
                     [ 2003年8月  音源:SC-88Pro ]