(演奏時間:0分30秒)


メヌエット "ドン・ジョバンニ”より  (mp3)


作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

  この世の中でもっとも好きな音楽家はと聞かれると、私はモーツァルトと答える。
  
 学生時代にはモーツアルトの音楽に接する機会が少なく、関心は主にベートーベンにあった。しかし昭和30年代後半、FM放送がクラシックレコードを多くとりあげるようになってから、モーツァルトの曲がどんどん放送されるようになり、それを聴いている間にモーツァルトのディベルティメント、セレナーデなどの彼の室内楽がとても好きになり、特にディベルティメントはほぼ全曲テープに録音したほどであった。現在、私が所蔵するレコードやCDの中では彼の曲が最も多い。

 彼の音楽は純粋に美しく、時には古典的、時には典雅で、何時聴いても気持ちが落ち着く。初めてこの曲を聴いたときも、なんと優雅なメロディかと思った。

 ところがこの曲名は「ドン・ジョバンニ」のメヌエット(第1幕の終わり近くで聞かれる)で、この曲が歌われているのは復讐あり女性の誘惑ありといった情景の中のことで、このメロディと筋書きはとても結びつかない。
 
 それからモーツァルトの生活ぶりを調べるともなく調べると、少年時代の彼は天才と謳われ欧州各地を父に伴われて旅行したが、結婚後はほとんど定収入がなく経済的に苦しい生活を送ったとのことだ。友人に借金を申し入れた手紙はいくつも残っている。

 28歳の時フリーメーソンという秘密結社に入り、フリーメーソンのための作品を2曲も作っている。晩年のいささか秘密めいた生活のために、彼は同時代の作曲家サリエリに毒殺されたとか、あるいは彼の葬儀の時,棺を墓地に埋める段になって猛烈な雨嵐に見舞われ、参列者は棺を放り出して帰ってしまい、翌日彼の棺は無縁墓地に埋められたので彼の墓碑はないとか、暗いうわさ話が多い。

 だがモーツァルトの私生活の暗い話にもかかわらず、彼の作品は芸術的にきわめて優れており、特に最後に作曲された「レクィエム」を聴くと、崇高かつ宗教的な霊感に満ちた雰囲気に、思わず身の引き締まる思いがする。

 今私は、レコードで買ったモーツァルトのディベルティメントやセレナーデなどのCD化をせっせと進めている。

                       [ 2001年12月 音源:SC-88Pro ]