(演奏時間:6分13秒)

 弦楽セレナーデ No.13 (mp3)
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
第1楽章


作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

(クリックすると他の楽章へ移動出来ます。)
第2楽章        第3楽章        第4楽章



 この曲には、約60年前の想い出と、つい先日の想い出とがある。ともに忘れられない想い出である。



 富山高等学校は音楽部活動が盛んで、戦前、すでにオーケストラ活動が活発に行われていた。太平洋戦争が激しくなった昭和18年から昭和20年までは、さすがに音楽部活動は停止したが、昭和21年の秋から、オーケストラ活動は再開された。

 私は昭和22年に富山高等学校に入学し、直ちに音楽部に入部してクラリネットを吹くこととなった。その年の秋、学校では創立記念祭が開かれ、音楽部はシューベルトの「未完成交響曲」を演奏することとなり、約30人の部員は合宿に入って猛烈に練習した。合宿は学生ホールに全員が泊まり込み、講堂の二階で夜遅くまで先輩の指揮の下に繰り返し練習が行われた。

 この演奏会での演目の中に弦楽四重奏があり、この演奏には先輩4人が、オーケストラ練習の合間に、あちこちで練習をしていた。先輩方のお気に入りの練習場は学生ホールの近くにあるプールである。私はこの練習にはいつも傍聴していた。それというのも、このプールからは雄大な立山連峰の景観を心ゆくまで仰ぎ見ることができるのだ。

 暮れなずむ秋の夕べ、先輩方四人はまるで私一人のためのように「弦楽セレナーデ」を練習演奏する。私はプールの縁に腰を下ろし、雄大な立山連峰の景観を眺めながら演奏に聴き入る。市外にあった学校の校庭には何の雑音も聞こえない。王侯貴族がお抱えのアンサンブルの演奏をを聴いたような気持ちで、夢のような至福の一時を楽しんだ。

 その四人の先輩のうち三人はすでに亡くなった。お一人は長らく音信不通であったが、昨年、55年ぶりで文通を再開できた。



 大阪市の肥後橋の近くに石原産業という会社がある。この会社が本社を改築するに際してすばらしい音楽ホールを本社内に設け、同社のメセナ活動として数々の演奏会を主催した。この音楽ホールは収容人員は約200人の小ホールであるが、設備と音響効果はすばらしい。石原産業は、NHK交響楽団のコンサートマスターである「堀 正文」氏をリーダーとし、関西に関係の深い弦楽器ソロ・アーティスト16名をメンバーとした 「石原リリック・アンサンブル」  を結成し、年に2〜3回、このメンバーによる演奏会を開いた。

 僅か200人程度の聴衆に対して16人のトップアーティストによるアンサンブル演奏が経済的に成り立つかどうか、考えるまでもないことである。それを平成5年より15年間、石原産業は会社の音楽事業として運営してきた。同社経営者の音楽に対する思い入れの深さには頭が下がる思いだ。
 アンサンブル演奏の他にも邦人音楽家のリサイタルが催され、多くの海外演奏家も石原産業によって招待され演奏会が開かれた。ささやかではあったが豊穣な音楽文化が、まさに肥後橋の地に花開き、稔っていていたのだ。

 聴衆の多くは固定していたようで、私自身、この音楽ホールをわがホールのように思い、定期的に演奏されるアーティストをわが友のように感じて、演奏会の開催案内を受け取ると、いそいそとして会場に通ったものだ。

 しかし、予想もしない会社の事情によって、石原産業は同社の音楽事業を停止することとなった。聴衆として残念の極みである。会社としても音楽事業を停止するに至ったことは無念であったに違いない。

 石原産業の音楽事業の引き際は見事であった。まず、最終の年会費を全会員に全額返却した。次に「石原リリック・アンサンブル」の最終演奏会を平成20年3月7〜8日の2日にわたり開いた。プログラムは2日ともに別曲目であった。アンサンブルメンバーの練習は大変であったことだろう。会場は別れを惜しむ聴衆で満員、補助席がいくつも出たほどであった。

 アーティストたちは時に独奏を、時には合奏をと、それぞれにすばらしい演奏を披露してくれた。まさにフィナーレを飾るのにふさわしい名演奏であった。そして全プログラムの終了後のアンコール曲として「弦楽セレナーデNo.13」の第一楽章が演奏されたのである。何たる感激か。私にとって、この選曲にはお礼の言葉もなかった。

 アンサンブルと会社の15年の間のご労苦に心からの謝意を表する。そして、いつの日にか、また、石原産業の音楽事業が開始されることを願ってやまない。そのときにはこのアンサンブルメンバーによって、再びこの弦楽セレナーデの演奏を聴きたいものだ。

                   [ 2008年3月8日 音源 :Roland SC-88VL ]