(演奏時間:5分30秒)

 弦楽セレナーデ No.13 (mp3)
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
第2楽章


作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

(クリックすると他の楽章へ移動出来ます。)
第1楽章        第3楽章        第4楽章


この弦楽セレナーデを巡る想い出は尽きない。

 我が富山高等学校音楽部がこの弦楽セレナーデを演奏会で演奏したのは、昭和22年秋の記念祭音楽会が最初であった。私は木管楽器を担当していたのでこの演奏には加わらなかったが、この曲の練習を聴くのが好きでいつも一人で聴衆席の最上席に座った気分で演奏を楽しんでいた。

 第2楽章の発想記号は「ロマンス」である。その発想記号にふさわしく、この楽章は第1バイオリン、第2バイオリン,そしてチェロの3部が柔らかく優しく曲を開始する。6小節目から,またこの旋律が今度は強く繰り返されるのだが、ここでビオラが演奏に加わる。このビオラの旋律は実に簡単なメロディーなのだが、演奏がこの箇所になると,今でも思わずからだが震えて興奮するほど、私はこの箇所が好きなのだ。

 昭和22年当時、この演奏でのビオラ奏者は3年生の大沼鉄郎先輩であった。大沼先輩もこの箇所が好きで、6小節に近づくと体をいささか反らし、ビオラを多少持ち上げ気味にして,演奏に加わるタイミングを待つ。それを見ている私も、ビオラの演奏が始まるのを今や遅しとばかりに期待に胸をふくらませて待つ。

 時は10月、頃合いは夕方近く、あたりはやや茜色に染まる。練習場所は水のないプールの底。私はプールの縁に腰を下ろし、一人で弦楽四重奏を聴く。頭を上げると立山連峰がバラ色に焼けている。やがて大沼先輩はいささか得意げにビオラの演奏を始める。
 ああなんと美しい曲なのか。私は一人で至福の一刻を楽しむのであった。

 この曲は全体として三部形式なのだが、中間部に入ると曲のイメージががらりと変わる。第2バイオリンとビオラが3度の和音構成で始めから終わりまで休むことなく、八分音符の不気味な伴奏音をあたかも蛇がうねるように流し続ける。第1バイオリンとチェロはこれまた不気味な旋律を掛け合いで演奏する。私が使用したこの曲の楽譜の解説者に拠れば、この曲の不気味さは、モーツァルトの悪魔的な性格の一面を表しているのだそうだ。

 第3部は、ほぼ第1部と同じメロディをやや異なった構成で復活して演奏する。不気味な気持ちから解放される。曲の終わり近く、フォルテ(強勢)の和音が3回演奏されるのでまた驚かされるが、その後は最初の主題が穏やかにゆっくり演奏されて,この曲を終わる。

 全体をやや比喩的に表現するならば、まず小天使が美しいメロディを演奏、次に小悪魔が上に下にと不気味に跳躍するが、最後に再び小天使が美しいメロディを奏でて「ロマンス」を終わる、というのが私のこの曲に対する印象である。

 この四重奏演奏でビオラを弾いた大沼先輩は,東大法学部卒業後、杳としてその消息が分からない。今存命しておられれば80歳のはずである。叶うのであれば、また一度お目にかかり、昔のように音楽談義を聴かせていただきたいものだが。

                   [ 2008年5月10日 音源 :Roland SC-88VL ]