(演奏時間:2分16秒)

 弦楽セレナーデ No.13 (mp3)
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
第3楽章


作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト


(クリックすると他の楽章へ移動出来ます。)
第1楽章        第2楽章        第4楽章


 モーツァルトの「セレナーデ第13番」は一般に大編成の弦楽オーケストラで演奏される事が多く、そのためか日本では「弦楽セレナーデ」とも呼ばれている。だが、原譜は弦楽四重奏曲として書かれており、副題は「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク(小夜曲)」と記入されているので、我々が音楽部にいた頃は、この曲を「アイネ・クライネ」と縮めて呼んでいた。
 
 演奏時間は2分少々と短いためについ聞き流しがちであるが、私が利用しているスコアには、この第3楽章を「この曲は、世界中で最も短く、最も美しいメヌエットと言われている」と解説している。私も確かにその通りだと思う。特に中間部のメロディは大変美しい。

 我が富山高等学校音楽部では、春秋の演奏会でこのセレナーデを、あるときは弦楽四重奏として、あるときは弦楽オーケストラで演奏した。私は木管楽器奏者であったので、この演奏には加わらなかったが、この第三楽章のチェロ・パートをいつの間にか聞き覚えてしまい、今でもこの曲が耳に入ってくると、思わずチェロパートを口ずさんでしまう。

 それとともに、この演奏でチェロ・パートを演奏していた白皙の好青年で、先輩の南日恒夫氏をつい想い出してしまう。肩までかかる長髪を揺らしながら、ひたすらにこの曲を演奏していた先輩は、富山高等学校卒業以来再会する事もなく、五十歳代前半でこの世を去ってしまった。

 懐かしくも寂しい、想い出の曲である。

                        
 [ 2009年5月 音源SC-88 VL ]