(演奏時間:3分06秒)

カタログの歌 - ”ドン・ジョバンニ”より  (mp3)
Il Catalogo -- ” Il Don Giovanni "

作曲者 : ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
 モーツァルトの音楽には、天使的な一面と悪魔的な一面とが備わっていると、何かの本で読んだことがある。

このオペラ "ドン・ジョヴァンニ" は、筋書きを全く知らずに音楽だけを聴くと、一部にはドラマティックな箇所もあるが、全体として耳に快い旋律が続く。だがその筋書きは、スペインの好色貴族が次々に女性を口説き、女の寝室に忍び込んで口説こうとして女の父親に見つかり、挙げ句の果てにその父親を殺してしまい、最後には、その父親の石像に殺されて地獄に落ちるという、おぞましい荒筋だ。

 その筋書きを承知した上で重ねてこのオペラを聴き直すと、耳に快いなどと言ってはおられないほどの、恐ろしい劇的な迫力をもって悪魔的な旋律が襲いかかってくる。耳に快く響く旋律も、実は聞くに堪えない歌詞で歌われることもあるのだ。

 ここに取り上げた”カタログの歌”の旋律も、歌詞を知らずに聴くと、宮廷で貴顕淑女が優雅に踊るメヌエットかなと思っても不思議ではない。だがこの “カタログの歌” の背景は次の通りだ。



 
ドン・ジョヴァンニはドンナ・アンナの部屋に忍び込んだが、彼女に騒がれ逃げようとした。そこへ彼女の父親である騎士長が登場し、ジョヴァンニに斬りかかるが逆に殺される。騎士長宅から逃れたジョヴァンニが彼の従者であるレポレッロに会ったところで、昔棄てた女のドンナ・エルヴィーラに見つかってしまう。しかしジョヴァンニはその場を従者レポレッロに任せて去る。

 残された従者レポレッロは元彼女のエルヴィーラに「旦那に泣かされたのはあんただけじゃないよ。イタリアでは640人、ドイツでは231人、しかしここスペインでは何と1003人もが泣かされているんだ。」と有名な「恋人のカタログの歌」を歌って慰めたつもりになっている。
 あきれはてて、元彼女エルヴィーラは去る。



 日頃、ディベルティメントやセレナーデなどのモーツァルトの甘い旋律に浸りきっている私としてはこのオペラに全く驚かされ、一体モーツアルトはこのオペラで何を表現したかったのだろうかと、ちょっと調べてみた。

 モーツァルトは、この作品を「ドラマ・ジョコーソ」と呼んだとのことだ。ドラマが正調の悲劇を表すのに対しジョコーソは喜劇的の意味であり、作曲者がこの作品に悲喜劇両方の要素を込めたと解釈する研究者もいる一方、単に喜劇の意味であるとする解釈もあるとか。

 結局のところ、私は難しいことは言わず、モーツァルトの美しいメロディを楽しむことにしている。

                      [2010年1月1日  音源:Roland SC-88VL]