(演奏時間:6分50秒)

弦楽セレナーデ No.13 (mp3)
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
第4楽章


作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト

(クリックすると他の楽章へ移動出来ます。)
第1楽章        第2楽章        第3楽章


 
  モーツァルトは全部で13曲のセレナーデを作曲している。これらセレナーデは多楽章で楽器編成も大規模な作品が多いが、この「セレナーデ第13番」は唯一弦楽四重奏編成で作曲されている。だから、旧制高等学校音楽部の少数メンバーでも演奏が可能であったし、おかげで先輩方が練習する演奏を独りで傍聴することが出来たのだ。

 モーツァルトのセレナーデやディベルティメントを聴いていると、湧き出てくる泉のように、美しいメロディーが次々と流れてくる。彼のメロディーには極端な興奮も絶望もない。そのメロディーに安心して身をゆだねることが出来る、安らぎの美しさとでも言おうか。晩年期のいくつかの宗教音楽には、沈鬱なメロディーが聴かれるのだが、これらセレナーデには暗い旋律は全くないので、ゆったりとした気分で音楽に浸りきることが出来る。

 ただし、この第4楽章には、第2楽章と同じように内声部の第2バイオリンとビオラの和音進行に悪魔的な雰囲気が感じられる箇所が2カ所ある。その1カ所は第51小節から第55小節まで、他の1カ所は119小節から124小節までである。

 先輩方の演奏がこの箇所に近づくと、私は密かに身構える。この不気味な箇所は私の秘密なのだ。やがて演奏がこの箇所にさしかかると、私は何故ともなく身震いしながらその不気味さを楽しむ。この秘密の不気味さは、私が20歳の時も80歳の今も、同じように感じられるのだ。

 弦楽セレナーデのホームページへのアップロードは今回で完結となる。青春時代の回想はこれで一段落するが、又新しい曲へ向かって挑戦して行くつもりだ。
                      [2010.5月 音源:Roland SC-88VL]