(演奏時間:3分14秒)

夜の女王のアリア (mp3)
オペラ「魔笛」より

W.A. モーッアルト


 昭和63年(1988)、私はこのアリアをグルベロ−ヴァのCDで始めて聞いた。そのときの印象はなんと激情的なアリアなのかと感じただけであったのだが、その後エダ・モーゼルの歌うアリアを聴いたときはまさに鬼気迫る不気味さを感じた。そこで改めて歌詞を調べてみた。
 
 Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen,          我が心には 地獄の復讐心が 沸き立つ
 Tod und Verzweiflung flammet un mich her!         死と絶望が 我が身の周りに 燃え上がる
 Fühlt nicht durch dich Sarastro Todesschmerzen,      おまえの手で ザラストロに死の苦しみを 与えないのなら
 So bist du meine Tochter nimmermehr.           おまえは もはや 我が娘ではない。

 Verstossen sei auf ewig,                   おまえは 永久に勘当だ、
 Verlassen sei auf ewig,                   おまえとは 永久に離別だ。
 Zertrümmert sei'n auf ewig                 永久に 切り離してしまう
 Alle Bande der Natur.                     この世の 全ての絆から。
 Wenn nicht durch dich Sarastro wird erblassen!       おまえの手で ザラストロが 逝かぬ時は!
 Hört, Rachegötter, hört der Mutter Schwur!         聞け、復讐の神々よ、この母の誓いを聞け!
                                                (翻訳:Tad)

 このアリアでは、母が娘にザラストロを殺せと命じているのだ。もし娘が母親の命令を聞かないときは、復讐の神々に誓って、母親は娘を勘当し一切の絆を断ち切ってしまうという、何ともおぞましいアリアなのだ。

 だが、このアリアは歌手にとっても恐ろしい歌らしい。それというのも、まず高音の音程がはんぱではない。最高音は3点Fというもので、これは普通人の最高音ともいえる2点Fのさらに1オクターブ上の音である。
  (この3点F音を出すと、ローランドのハード音源でも耐えられないのか、音色が変わることを聞いて確認願いたい。)
その高い音を中心にして超絶技巧的な歌唱を強いられるのであるから、このアリアを舞台で上演できるソプラノ歌手は、実は限られているのだ。

 1791年10月、”魔笛” はウィーンで初演されたが、当時このオペラの評判はたいしたことはなかったようだ。モーッアルトはその1ヶ月後、極貧の中に悪性の腸チフスに罹ってなくなった。葬儀人は疫病を恐れてモーツアルトの遺体を急いで共同墓地に埋葬したので、後に妻が墓地に駆けつけたときは、モーッアルトの葬儀はすでに終わっており、埋葬の正確な場所すら不明であったとのことだ。(ただし、モーッアルトの葬儀の模様については諸説がある。)


 我々の学生時代には、オペラの全曲など聴くことはとうてい不可能であった。それが可能になったのは昭和30年代後半(1960)にLPレコードが発売されるようになってからのことである。この頃にはルチア・ポップも魔笛の夜の女王を歌っていた。Youtube 上で誰が「夜の女王のアリア」を歌っているかを調べてみると、なんとマリア・カラスの歌唱を、音だけであるが聞くことができた。これも1960年代の録音らしい。その他にも何人かの歌手の歌唱を聞くことができるので、CDで聞くような音質は期待できないが一聴をお勧めする。

                  [2013.3月  音源:Roland SC-88VL]