(演奏時間:3分44秒)

四季 「 春 」  (第1楽章) (mp3)
Op.8  No.1


作曲アントニオ・ビバルディ
  今から30年ほど前、ビバルディの「四季」は大変ポピュラーに聞かれていた。特に「イ・ムジチ」の演奏によるレコードがよく売れ、「イ・ムジチ」によるレコードは10年ほどの間に2バージョンがリリースされたように思う。
 私自身も「イ・ムジチ」のレコードを含めて4種類の「四季」のレコードを持っており、中には日本人が演奏した「マリンバのための四季」のレコードまであるのには、我ながら驚いている。

 この「四季」はビバルディが1727年に出版したバイオリン協奏曲集の中の最初の4曲で,各曲にはそれぞれ「春」「夏」「秋」「冬」の表題が与えれれている。
 今回は「春」の第1楽章をハープシコードの演奏形式でアップロードした。

 四季各曲の各楽章には、季節の情景を表すソネットが楽譜上に記載されている。この「春」第1楽章のソネットは次の通りである。

              春がやってきた
              小鳥は楽しい歌で春を迎え
              泉は西風の息吹に
              優しく流れる  ささやくように

              大気を黒のマントで覆いながら
              稲妻と雷鳴がやってくる
              嵐が静まると
              小鳥はまた甘い歌を歌い出す

              花咲く麗らかな野では
              木の葉の葉擦れの
              牧人は静かにまどろむ
              忠実な番犬を傍らに

              バグパイプの音に合わせ
              ニンフと牧人は喜び踊る
              お気に入りの場所で
              眩く光る春の訪れに

 このソネットの最初の8行が第1楽章に割り当てられているが、どの旋律が詩のどの部分に対応しているかを考えながら聴くのも楽しいものである。

        
          (以下のリンクをクリックすると、他の季節のページが開き、音楽が始まります。)

             ≪夏≫ 第1楽章    ≪秋≫ 第1楽章    ≪冬≫ 第1-2楽章)



 アントニオ・ビバルディは1678年にベネチアで生まれた。自身、イタリアきってのバイオリンの名手であったとか。聖職者のかたわら作曲家、教師、音楽監督を務め、ヨーロッパ各地で室内楽やオペラの演奏や指揮に当たった。
 ビバルディの作曲した音楽は広範にわたり、作曲数は700曲以上あることが知られており、この数は更に増えるのではないかということだ。
 ビバルディはバッハと並んでバロック音楽の最高の作曲者であるが、その評価が正当に行われたのは20世紀に入ってからだといわれている。

                     [ 2005年3月 音源:SC88 PRO]