(演奏時間:5分26秒)


四季 「 夏 」 (第1楽章) (mp3)
Op.8  No.2


作曲アントニオ・ビバルディ
 この[四季」は、1727年にアムステルダムの楽譜出版社から発行された12曲から構成されるバイオリン協奏曲集「和声と創意への試み Op.8]の最初の4曲で、それぞれ春、夏、秋、冬の表題が付けられていている。
 ここでアップロードしている曲は、その中の「バイオリン協奏曲〈夏〉Op.8-2」の第一楽章である。

 「四季」の全曲には各楽章に季節の情景を描写するソネットが付けられており、音楽が視覚的に解説されている点が曲想を理解するのに役立つ。
 ただし、ビバルディはなぜか「夏」に対してはよい情景を考えていなかったようだ。そのことは、≪夏≫の楽譜に記載されている次のソネットからうかがい知れる。

 ソネットの最初の4行が第1楽章に割り当てられているが、どの旋律がソネットのどの部分に該当するか、考えながら聞くのも一興かもしれない。



       太陽の焼け付く季節  人も家畜の群れも疲れ  松も色を失う
       郭公が鳴き始めると  きじ鳩と五色ひわが  合わせて歌う

       西風がやさしく吹くと  隣から北風が  競うかのように吹く
       牧人は  北風が過ぎた後の自分の運命を  憂って泣く

       牧人は疲れた身体を休められない
       稲妻と雷鳴への恐れ  蠅や虻の群れ

       ああ 彼のの心配が本物になったとはあまりのこと
       天は雷鳴を鳴らし 雷を落とし  雹を降らせる
       穂やすっくと立つ麦の先を  たたき落とす


          (以下のリンクをクリックすると、他の季節のページが開き、音楽が始まります。)

              ≪春≫ 第1楽章    ≪秋≫ 第1楽章    ≪冬≫ 第1-2楽章
        

                  [ 2005年7月 音源:SC-88 Pro 編曲:Tad ]