(演奏時間:5分23秒)


四季 「 秋 」 (第1楽章) (mp3)
Op.8  No.3


作曲アントニオ・ビバルディ
 ビバルディは、このバイオリン協奏曲≪四季≫を標題音楽として作曲し、各楽章にそれぞれソネットを書き込んだ。
 
 春、夏冬の各季節では、あらし、風、稲妻等が描写されているが、秋だけは自然の脅威に全く触れていない。17・8世紀の社会生活は農業が中心であったので、収穫の季節である秋は、実りを祝っての酒盛りと踊り、飲み疲れ踊り疲れての眠りがソネットの前半、後半は狩りの楽しみが歌われている。


          村人は踊りと歌で
          実りの秋を祝う
          バッカスの飲み物に紅潮し
          若者は喜びの果てに 眠りにつく

          安らかで心地よい大気は
          人々の歌と踊りを 終わりにさせる
          皆を快い眠りの楽しみに
          誘うのがこの季節

          夜明けには狩人が
          手に角笛と猟銃を持ち  犬をお供に狩りに出る
          逃げる獣 狩人は追う

          猟銃の大きな音と犬の追う声に 獣は驚き疲れ
          傷つきおびえ 逃げまどい
          追いつめられて息絶える


 ここで掲載してる「秋--第1楽章」に対して、ソネットの最初の4行が割り当てられているので、ソネットのどの部分にどのメロディが割り当てられているか、考えながら聞いて見て下さい。

 なおソネットは別に、曲中で「酔っぱらい」という文字が2カ所、「酔っぱらいが眠る」という文字が1カ所、割り振られている。だが何度聞いても、私の耳には酔っぱらいが千鳥足で歩いたり、大いびきをかいて眠っているようには聞き取れない。

 昔の酔っぱらいは、さぞや優雅な千鳥足で歩き、耳に心地よいいびきをかいて眠っていたのであろう。





          (以下のリンクをクリックすると、他の季節のページが開き、音楽が始まります。)

             ≪春≫ 第1楽章    ≪夏≫ 第1楽章    ≪冬≫ 第1-2楽章


                     [ 2005年11月 音源:SC88Pro ]