(演奏時間:4分47秒)


四季 「 冬 」 (第1-2楽章) (mp3)
Op.8  No.4


作曲アントニオ・ビバルディ
 
 このバイオリン協奏曲≪四季−冬≫の各楽章の演奏時間は短いので、1-2楽章をまとめて掲載することとした。2楽章はメロディーが美しく、この≪四季≫の中で私が愛聴する旋律の一つである。

 ビバルディはこの≪冬≫でも次のソネットを楽譜に記載している。


         冷たい雪の中で   寒さに震える
         厳しい風が吹き付ける
         絶えず足踏みしながら走る
         寒さのあまり歯の根もあわない

         暖炉の側で静かに平和な時を過ごす
         雨に濡れる外
         氷の上を歩く   ゆっくりと注意して
         転ぶといけない

         急いで足を滑らせ   転んでしまう
         また氷の上を歩く   急いで走れば
         氷は砕けて   飛び散った

         東南の風 北風   全ての風が争いながら
         閉じた扉から   入り込むようだ
         これこそ冬   でも冬も喜び

 ≪四季ー冬≫に対して、上記ソネットの中の最初の4行が第1楽章に、次の2行が第2楽章に割り当てら
 ている。

 第1楽章の中で「寒さの中で歯の根も遭わない」がどのメロディに割り当てられているか、ご想像下さい。第2楽章は「暖炉の側で静かな時を過ごす」という暖かな雰囲気がよく表現されている。

 手元にある音楽作品名辞典によると、「四季」という表題を持つ曲は5曲ある。最も有名なのは勿論ビバルディの≪四季≫だが、ハイドンのオラトリオ≪四季≫もよい曲である。共に農村の四季を農夫の視点から作曲したもので、当時の農村生活を偲びながら楽しく聴くことができる。


           (以下のリンクをクリックすると、他の季節のページが開き、音楽が始まります。)

              ≪春≫ 第1楽章    ≪夏≫ 第1楽章    ≪秋≫ 第1楽章


                    [ 2006年1月 音源:SC88Pro 編曲:Tad ]