(演奏時間:3分07秒)

インド人の歌 (mp3)

Song of Indian Guest
「歌劇:サトコ」より

   ニコライ・リムスキー・コルサコフ

 昔、ラジオが唯一の電波媒体であった頃、オペラのアリアがNHKで良く聴かれたものだった。この「サドコのインド人の歌」もそのようにしてよく放送されたのだが、最近ではあまり聴くこともない。

 長らく私はこの曲の日本語訳詞を探していた。手元にある数冊の世界名曲集には掲載されていない。「歌劇:サトコ」のCDもDVDも入手出来なかった。しかもその対訳台本は原語がロシア語であるたせいか日本では全く入手不能である。
 従って、この曲がどのようなシチュエーションで歌われたのかもわからず、私個人は長い間その旋律の美しさを楽しんでいるだけであった。

 最近になり、この全曲オペラがユーチューブで視聴できることを知り、早速 "試聴” してみたのだが、台本対訳もないオペラを2時間50分、じっとPCの前に座って視聴することなど、いくら舞台の動画・旋律が視聴できるとはいえ、私にはとても肉体的に耐えられない。(ある解説によれば「歌劇:サトコ」の中で知られているのはこの「インド人の歌」だけなのだそうだ。)

 そこで見方を変えて、「インド人の歌」が歌われる第4幕のあらすじと、「インド人の歌」の日本語の内容紹介と英語歌詞がないかを、グーグルでじっくり探してみた。

 あった、 あった!!   だが、見つかった歌詞は日本語と英語とでは意味が違うのだ。
まずは第4幕のあらすじを読んだ上で、この「インド人の歌」が実は何を歌っているのか、想像してみるのも一興かもしれない。


                         あらすじ

 この物語は、いわば「ロシア版浦島太郎」と言った所。美声で民謡をうたう「サトコ」が金持ちになり、その金で船団を組んで海外交易に出航するにはどこへ行けば良いだろうかと、ノヴゴロドの港で各国からの商人にそれぞれのお国自慢を歌って貰う。その中の一人がインド人であり、その彼の歌が「インド人の歌」として有名になった。
 サトコは航海の途中ただ一人海底王国へ沈むのだが、やがて海底王国での宴会の途中に現れた「聖人の幻影の声」で地上に戻ることとなる。地上でサトコは妻と仲間達と再会し、大団円を迎えるという、古民話的な筋書きである。



             日本語歌詞(メロディーと合わせて歌えない)

                   遠き南の海
                    水底深く秘めし数知れぬ宝
                    瑠璃の巌 珊瑚の島に
                    人の面の霊鳥住み
                    あけくれ歌う 妙なる節に
                    合せて舞う翼うつくし声をきけば 命を延ぶ
                    遠き南の海
                    水底深く秘めし

 


             英語歌詞  マリオ・ランツァ(1950年代米国人歌手)がユーチューブで歌っている。

  And still the snowy Himalyas rise,            今もなお雪を頂き  ヒマラヤは聳えている、
  In ancient majesty before our eyes,           我々の眼前に  古式ゆかしい荘厳さで
  Beyond the plains, above the pines.           平原の彼方   松の木々の上に。
 
  While through the ever never changing land,       永久に変わらぬ  大地を横切って
  As silently as any native band,              地元の人々の集団のように 静かに
  That moves at night, the Ganges shine.          夜もやすまず流れる ガンジス川が 輝く。
 
  Then I hear the song that only India can sing,      そして インド人だけが唄う歌を 私は聴く
  Softer than the plumage on a black raven's wing.     黒い烏の翼の羽毛より 柔らかい声で。
 
  High upon a minaret I stand               回教の寺の尖塔に 私は高く立ち
  And gaze across the desert sand,             砂漠の砂を 見渡す
  Upon an old enchanted land               古い魅惑的な 大地の彼方。
 
  There the Maharaja's caravan,              マハラジャの率いる キャラバンが
  Unfolding like a painted fan,                さながら 絵扇を広げたように 進んでいる 
  How small the little race of man.             人の営みの なんと小さい事よ。

  See them all parade across the ages,           見よ 何代にもわたって 進む隊列を。
  All these kings and slaves from History's pages,      歴史のページの中の この王達と奴隷たちを。
  Laid on one of Nature's vastest stages.          自然の広大な 舞台に並ぶ彼らを。
 
  The turbaned Sihks and beggars line the street,      ターバンを被ったシークと乞食が 街々に並ぶ
  While holy men in shadowed calm retreat,         聖人は 静かな隠所にこもり
  Pray through the night and watch the stars,        夜もすがら 星に祈りを捧げる。

  The loney crane flies off to meet the dawn,        一匹の鶴が 暁に間に合うように 空を飛ぶ。
  While down below the busy life goes on,          地上では 忙しい日常が 続く
  And women crowd the old bazaar             女達は 古くからのバザールに 寄り集う。
 
  All are in the song that only India can sing,        これらは全て インド人だけが唄う 歌の中に、
  India, the jewel of the East.               インドよ、東の国の 宝石よ。
                                        (翻訳:Tad)


 どちらが本物?等と無粋なことを言わずに、「歌劇:サトコ」の雰囲気を楽しむこととしよう。

 それにしても、リムスキー・コルサコフの曲はきらびやかで美しいと思う。

              
 モーツアルト「ディベルティメント」想い出の音楽に移りました。

                  [ 2015年9月 音源:SC-88 VL]